TEL

TEL

外壁塗装用 超低汚染リファイン

  • お客様の大切なお家を守る

    お客様の大切なお家を守る
    お家を守る『塗膜』にダメージを与えるのは、太陽光(紫外線)、雨(水)、熱です。
    これらの劣化要因に対抗できる塗料を選ぶべきです。
  • 同じシリコン塗料でも性能はかなり違う

    同じシリコン塗料でも性能はかなり違う
    同じシリコン塗料でも性能はかなり違います。
    ほとんどのお施主様が「どれも同じに見える」「塗料に詳しくない」「聞いてもよくわからない」といった意見をお持ちですが、良い塗装をするために違いを見極めることが大事です。
    限られたご予算のなかで『最良の選択』を目指しましょう。

当社がお薦めするシリコン塗料

  • 一般シリコン塗料

    一般シリコン塗料
    耐用年数:7~10年
    汚染性:?
    遮熱性:?
    顔料:?
  • 超低汚染リファイン

    超低汚染リファイン
    耐用年数:15年以上
    汚染性:超低汚染
    遮熱性:遮熱
    顔料:特殊無機顔料

同じシリコンでも性能・価格は全く異なるのでしっかり違いを把握し、納得した上での選択が重要です。

<高耐候性>塗膜が丈夫だから長寿命!

  • 無機成分配合シリコン+塗膜を更に強くする強化剤
  • 耐候性比較
  • <1液シリコン>融着・<リファイン>融着+架橋

無機成分配合シリコンの1液に塗膜を更に強くする強化剤が加わることで塗膜が上部になり、耐候性が高くなります。
比較しても通常のシリコンのみのものより耐候年数が長くなっています。

<低汚染性>W効果でキレイがずっと続く

  • 超低汚染リファインの塗膜の緻密性超低汚染リファインの塗膜の緻密性が高く汚れがつきにくいという効果と、雨水となじみやすく汚れても洗い流すというW効果でキレイがずっと続きます。
  • 他社低汚染塗料比較較<他社低汚染塗料比較>
    ①超低汚染リファイン1000Si-IR/特徴:無機成分配合
    ②超低汚染リファイン1000Si-IR (A液のみ)/特徴:A液のみでのテスト暴露にて、特徴無し※強化剤(無機成分)がないとこの通り
    ③他社光触媒クリヤー塗料/特徴:光触媒クリヤー
    ④他社1液水性シリコン/特徴:ラジカル制御

<遮熱性>下地を真夏の高温度から守る/汚れにくいから遮熱性が続く

  • サイディング外壁とモルタル外壁の違い<左:サイディング外壁>窯業系サイディングは熱伝導率が低く断熱性が高い。一度表面温度が上昇してしまうと、他に熱が逃げにくいためサイディングの温度が高くなる傾向あり。
    <右:モルタル外壁>モルタルは熱伝導率が高く断熱性が低い。そのため表面温度が一時的に上昇しても、室内や他へ熱が逃げやすいためモルタルの温度は低くなる傾向あり。下地を熱劣化から守るため、室内を快適にするためには遮熱が有効です。
  • 超低汚染リファインシリーズ超低汚染リファインシリーズは汚れが付着しにくいため、熱の吸収を防ぎ、遮熱性能を長時間保持する。特に蓄熱するサイディングには最適!

<無機顔料>色飛びが少なく綺麗が続く

有機顔料の紫外線照射実験
顔料は塗料を様々な色味に着色する原料のことで、有機顔料は石油から構成される合成顔料。一般的に耐候性が低く、色飛びが発生しやすい傾向があります。これに対し無機顔料は「鉱物顔料」とも言われ、耐候性に優れており、色飛びが少ない傾向があります。
顔料によっては外壁の『美観性』が台無しになるので顔料の種類にも注意が必要です。リファインの顔料は「無機顔料」なので、耐候性、美観性ともに安心です。
アステックペイント技術担当者

弊社はアステックペイント技術研修を修了しております。
当塗料につきまして気になる点などございましたらお気軽にお問い合わせください。